法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

知る権利・情報公開

 当サイトはこれまで様々な情報を発信してきましたが、その中で「知る権利・情報公開」に関わっては次のような情報がありますので、ご案内します(執筆者の肩書きなどは執筆当時のそのままにしています)。
 なお、「表現の自由」、「メディアと憲法」のページにも関連する情報がありますのでご覧ください。


今週の一言

「内閣官房報償費(機密費)情報公開訴訟で一部勝訴しました 」上脇博之さん(神戸学院大学法学部教授)
「みんなで調べよう『政治とカネ』」 −公益財団法人『政治資金センター」』が収支報告書を収集して公表します」上脇博之さん(神戸学院大学法学部教授)
「医療事故防止は事故情報開示が第一歩と確信して」岡本隆吉さん(医療情報の公開・開示を求める市民の会 副代表)
「情報公開は進んだのか、後退したのか −権力の民主化を進めるために必要なこと」三木由希子さん(特定非営利活動法人情報公開クリアリングハウス理事長)
「検証 福島原発事故・記者会見 −東電・政府は何を隠したのか」木野龍逸さん(フリーランスライター兼カメラマン)
「日米地位協定と米兵犯罪をめぐる密約」吉田敏浩さん(ジャーナリスト)
「『知る権利を守る』メディアの持つ責任 −フォトジャーナリズム月刊誌DAYS JAPAN」山根那津子さん(デイズジャパン)
「被害者の願い、知る権利保障への一歩 −医療版事故調査委員会の設立に向けて」木下正一郎さん(弁護士・「患者の権利オンブズマン東京」副会長)
「自由権規約委員会の注目すべき勧告 −日本の人権の遅れを国際水準から検証する」鈴木亜英さん(弁護士・国際人権活動日本委員会議長)
「東京高裁に憲法はないのですか!?」中村欧介さん(弁護士)
「『知る権利』と憲法改正」野村孜子さん(「知る権利ネットワーク関西」事務局長)
「憲法改正とメディア」田島泰彦さん(上智大学教授)
「『自由な社会』であるために −メディアの使命と『マスコミ市民』の役割」石塚さとしさん(月刊「マスコミ市民」編集長)
「国民の知る権利と人権擁護法案 −『メディア規制』の危険性」美浦克教さん(日本新聞労働組合連合〔新聞労連〕中央執行委員長)
「なぜ『表現の自由』が…」小沢隆一さん(静岡大学人文学部法学科教授・憲法学)
「立川反戦ビラ事件無罪判決と表現の自由」内田雅敏さん(弁護士・東京弁護士会)

<特定機密保護法関連>
「特定秘密保護法に抵抗する」矢崎暁子さん(弁護士)
「想像力の翼を味方につけて —秘密保護法ミュージカル『THE SECRET GARDEN —嘘の中にある真実』によせて」海渡雄一さん(弁護士・「秘密保護法」廃止へ!実行委員会)
「秘密保護法の施行について」藤原家康さん(弁護士)
「憲法を破壊し、戦争への道を目指す秘密保護法の成立」成見正毅さん(弁護士・みやざき九条の会代表)
「特定秘密保護法案の成立は国会の自殺行為だ! −だれが切望している法律なのか」清水勉さん(弁護士・日本弁護士連合会情報問題対策委員会委員長・秘密保全法制対策本部事務局長)
「私たちの目・耳・口をふさぐ秘密保全法案」清水雅彦さん(日本体育大学准教授・憲法学)

浦部法穂の「憲法雑記帳」

本当のことを知る権利
あらためて「知る権利」を考える
共謀罪

浦部法穂の「大人のための憲法理論入門」

表現の自由の重要性がとくに強調されるのはなぜか?

浦部法穂の憲法時評

憲法の言葉シリーズF「自由」
沖縄密約文書公開請求訴訟の最高裁判決
特定秘密保護法
「憲法の言葉」シリーズA「公共」または「公」
秘密保全法制
韓国メディア法改正

日本全国憲法MAP

大分県屋外広告物条例違反被告事件
市民オンブズマン福井・「カラ出張」裁判
レセプト情報公開請求事件
防衛庁リスト問題

ときの話題と憲法

尖閣諸島中国漁船衝突事件

中高生のための憲法教室

「表現の自由」はなぜ大事?

■「知る権利・情報公開」に関連する憲法条文等

第21条 集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。
2 検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。

憲法21条についての伊藤真所長による解説はこちら


当サイトではこれまで様々な書籍や映画を紹介してきましたが、「知る権利・情報公開」を考える上で有益なものも多くあります。こちらをご覧ください。

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]