法学館憲法研究所は、憲法を系統的に研究し、個人の尊厳の実現をめざす非政府組織としての自由な研究機関です

法学館憲法研究所

Mail info@jicl.jp
 
今週の一言
憲法情報Now
 憲法をめぐる動向
 イベント情報
 憲法関連裁判情報
 シネマ・DE・憲法
 憲法関連書籍・論文
 ■今日は何の日?
憲法Voice
研究所・客員研究員紹介
中高生のための憲法教室

憲法文献データベース
日本国憲法全文
リンク集
 
事務局よりお知らせ
賛助会員案内
メールマガジン
ご意見フォーム
サイトマップ

「憲法改正」阻止の課題・展望


当サイトはこれまで様々な情報を発信してきましたが、その中で「『憲法改正』阻止の課題・展望」に関わっては次のような情報がありますので、ご案内します(執筆者の肩書きなどは執筆当時のそのままにしています)。
なお、憲法改正についての具体的な論点に関わっては「憲法改正の問題点」「憲法改正の論点」「憲法擁護の各分野・地域の取り組み」9条擁護の多面的取り組み 」のページにも各種情報があります。ご覧ください。


今週の一言

「『安倍改憲』を阻止するために − 衆院選の結果を踏まえて」金原徹雄さん(弁護士)
「考えてみませんか 9条改憲」久保田貢さん(愛知県立大学教員)
『「日本会議」史観の乗り越え方』松竹伸幸さん(ジャーナリスト)
「『改憲をめぐる言説を読み解くプロジェクト』の緊急出版のお知らせ」稲正樹さん(国際基督教大学元教員)
「憲法と民主主義の危機」山口二郎さん(法政大学教授)

「憲法問題に『客観』『中立』はありえない」日比野敏陽さん(新聞労連委員長、日本マスコミ文化情報労組会議議長)
「政治のあり方と憲法改正論議」只野雅人さん(一橋大学法学研究科教授)
「911から10年の憲法論争に求められる新たな視点」柳澤協二さん(元防衛研究所長・元内閣官房副長官補)
「『きみはサンダーバードを知っているか』を知っているか?」愛敬浩二さん(名古屋大学大学院法学研究科教授)
「積極的護憲のために、いくつものアメーバが「大同大異」で団結を」北村肇さん(「週刊金曜日」編集長)
「どうすれば、憲法への関心を拡げられるだろう? 〜カフェで憲法、病院でも憲法、の実践報告」太田啓子さん(弁護士・横浜弁護士会)
「いまこそ憲法擁護の声をあげる時ではないか!」吉川勇一さん(「市民意見広告運動」、「市民の意見30の会・東京」)
「憲法の理念を語り広げる」坂本修さん(弁護士・自由法曹団団長)・伊藤真(法学館憲法研究所所長・伊藤塾塾長)
「改憲をめざす勢力と今後の動向」浦部法穂さん(名古屋大学教授・法学館憲法研究所主席客員研究員)
「憲法改正を考える」高橋哲哉さん(東京大学教授)
「憲法の「改正」とはどういうことなのか」浦部法穂さん(名古屋大学教授)
「敗れる前に目覚めよ--平和憲法が危ない」飯室勝彦さん(中京大学教授、東京新聞・中日新聞論説委員)
「憲法改悪阻止のために―自民党改憲案から考える」吉田健一さん(憲法会議代表幹事・弁護士)


浦部法穂の「憲法雑記帳」

「安倍9条改憲」は「自衛隊合憲」の弁明放棄
どうなる? 2020年
『日本国憲法の核心』
「合区」解消へ「改憲」?


浦部法穂の「憲法時評」

憲法の言葉シリーズD「個人」
憲法の言葉シリーズC「国」あるいは「国家」
「謝罪」も「反省」も「不戦の誓い」もなしで…
「政権交代」という幻想
「本物の野党」と「擬似野党」
「国」・「国家」という言葉がやたら出てくる自民党「改憲案」
国民を信用していない?
憲法を国民の手から奪い取る96条「改正」
「日本を孤立と軽蔑の対象に貶める」のはどっちだ
96条の改正
「憲法の言葉」シリーズA「公共」または「公」
憲法尊重擁護義務
「自衛隊」と「国防軍」のちがい
憲法改正の「作法」

浦部法穂の「大人のための憲法理論入門」

憲法はなぜ憲法なのか?
「約束事」がぐらついたら、おしまい
「憲法の改正」と「新憲法の制定」の違い
日本国憲法のもとで「新憲法の制定」は、どうやったらできる?


「改憲を問う」

「「自衛隊」と「国防軍」の間——憲法9条の存在意義」水島朝穂さん(早大教授・法学館憲法研究所客員研究員)
「拝啓 安倍晋三様 あなたが「改憲」に前のめりになるのは筋が違いませんか?」法学館憲法研究所
「自民党改憲案と国民生活」森 英樹さん(名古屋大学名誉教授・法学館憲法研究所客員研究員)
「憲法24条を大切にしよう」二宮 周平さん(立命館大学法学部教授)
「労働者は改憲を望んでいない」和田肇さん(名古屋大学法学研究科教授)
「憲法改正と人権としての社会保障」井上英夫さん(金沢大学名誉教授)
「まずは憲法改正を提起するにふさわしい国会づくりを」植村勝慶さん(國學院大學法学部教授)
「勧善懲悪思想の復活か」村井敏邦さん(大阪学院大学教授・法学館憲法研究所客員研究員)



中高生のための憲法教室

「憲法改正」を考えるヒント
「普通の国」と「日本の独自性」
憲法は押しつけられたか?



ときの話題と憲法

日本国憲法の制定と『押しつけ』憲法論
55年体制の成立
憲法改正の動きと「憲法問題研究会」の発足
衆参両院で憲法調査会発足―静かなるクーデターの準備
国民投票法の成立



■その他

2017憲法講演会「憲法『改正』に向き合う」を開催(2017/7/16)


■「憲法改正」に関連する憲法条文等

第96条 この憲法の改正は、各議院の総議員の三分の二以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。この承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行はれる投票において、その過半数の賛成を必要とする。
2 憲法改正について前項の承認を経たときは、天皇は、国民の名で、この憲法と一体を成すものとして、直ちにこれを公布する。

憲法96条についての伊藤真所長による解説はこちら



■関連WEBサイト・ページ

衆議院WEBサイトの憲法審査会のページ
参議院WEBサイトの憲法審査会のページ
国立国会図書館WEBサイトの「日本国憲法の誕生」のページ


当サイトではこれまで様々な書籍や映画を紹介してきましたが、「憲法改正」を考える上で有益なものも多くあります。こちらをご覧ください。

当サイトに搭載している「憲法文献データベース」はテーマ別、著者別などで検索できるようになっていますので、あわせてご活用ください。
「分類選択」の中の「憲法改正」で多くの関連憲法文献を紹介しています。また「キーワード (タイトル)」のところに「改憲」「9条改正」等々関心ある用語を入力して検索することもできます。

 

[今週の一言][憲法情報Now][中高生のための憲法教室][憲法文献データベース][事務局からのお知らせ]
[トップページ]